RSS2.0
 日頃より、本市の教育活動について、ご理解・ご協力をいただきましてありがとうございます。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が小中学校を3月2日から春休みまでの期間、休校とするよう要請があったことは、報道機関からの情報でご承知のことと存じます。  本市では、児童生徒の感染の情報は現在のところありませんが、児童生徒の健康の維持を第一に考え、政府の要請に基づき、以下の通り市内すべての小・中学校において休校の措置をとることといたしました。期間は、令和2年3月2日(月)から令和2年3月26日(木)までとなります。その後は、春休みとなります。  保護者の皆様には、ご理解をいただくとともに、お子さんの健康管理に努めていただきますようよろしくお願いいたします。  なお、お知らせの文書をお子さんに持たせましたので、詳細をご確認ください。  令和2年2月28日     鴻巣市教育委員会教育長  
 昨夜、阿部首相が『来月2日から全校休校を要請』したことを表明した件について、県教育委員会、鴻巣市教育委員会からの連絡、指示を待っているところです。本日、計画通りに教育活動を行います。来週以降の予定については、わかり次第お伝えします。しばらく、お待ちください。 2月28日(金)さわやかタイム 委員会活動最終日 アタックプリント20枚目配布(今年度最後です)         ※ゆめのはなこども園との交流会は、中止となりました。 3月 3日(月)ミニドリルタイム・読書タイム 通学班編成(5校時)・一斉下校    4日(火)全校朝会    5日(水)委員会引き継ぎ式    6日(木)朝清掃    7日(金)さわやかタイム 6年生を送る会 学校評議員の会 クラブ活動(最終)  連絡メールを27日に配信しました。今後、連絡メールを配信する機会が多くなると思います。機種変更や迷惑メール設定によって届かない場合は、購入した携帯電話会社へ問い合わせをお願いいたします。または、他の保護者からメール内容をご確認ください。
 「全員が輝き 感謝を届ける 成長の会」が、行われました。合奏『アフリカンシンフォニー』から始まり、7つのグループに分かれての学習発表会、「生きる」の群読と気持ちのこもった手紙やプレゼントがあった感謝の会。体育館の壁には、60人の等身大の絵と1年生の時の身長の比較があり、6年間の思い出がとてもつまった成長の会でした。  卒業まで学校生活は20日ほどです。3月24日卒業式では、さらにたくましく成長した姿を、魅せてくれることを期待しています。  
 毎年行っているなわとび検定は、2月までで終了します。金曜日のさわやかタイムは、全校でリズムなわとびでの準備運動の後、学級ごとになわとび検定を行っています。休み時間にも検定を進めていますが、2月いっぱいで終了します。少しでも級が上がるよう、練習に励んでいます。
 児童会運営委員を中心として日頃お世話になっている応援団の方に感謝の気持ちを伝える「学校応援団感謝の会」をおこないました。登下校の見守り活動、農業体験学習、伝統あるささら獅子舞、校地内の環境整備など、大変お世話になっています。今年度は11名の方にお越しいただきました。体育館は寒かったのですが、子どもたちのきれいな「ビリーブ」の合唱に、きっと応援団のみなさんの心は温まったことでしょう。  感謝の会終了後、今年度3回目の学校応援団会議をおこないました。今年度の活動報告と情報交換・意見交換、学校への要望や提案などについて、話し合いました。今年度もあと少しですが、5年生がジャガイモの種いも植え体験を3月に行います。