RSS2.0
 早朝にも雨が降っていて、6時に判断する際にも演技種目が全部できないかもという思いでした。運動会を実施すると決定した際に、最も大切にしたことは子どもたちが練習してきた成果をできるだけ多くの方に見ていただくことでした。低・中・高学年の表現種目を確実に発表できるよう、プログラムを変更して実施しました。  PTA種目と「花の鴻巣温度」を除いて、他の22競技演技種目を実施することができました。応援合戦から午後の競技が始まり、縦割りリレー、大玉送りで最後の得点が入って、優勝が決定しました。  昨年度に続き、赤群優勝でしたが、白群も最後まであきらめずにがんばりました。運動会では、多くのことを学ぶことができました。普段の授業や休み時間、給食、清掃など学校での日々の活動をさらに努力し、11月のふれあいフェスタでも運動会に負けないくらい自分たちのパフォーマンスを発揮していきましょう。
 9月20日さわやかタイムは、最後の運動会全体練習でした。大玉送りを1回戦だけ行い、その後校歌合唱を行いました。  大玉送りでは、わずかな差で赤群が勝ちました。大玉が落ちた回数の差で勝負が決まるようです。特にカーブのところで、大玉をコントロールするのが難しいようです。明日の運動会の最後の種目で、優勝が決まるかもしれません。応援団とのチームワークで、勝利を目指しましょう。
 2学期のドリルタイムでは、視写や短作文に取り組みます。9月18日2学期最初のドリルタイムでは、「正しく」「ていねいに」をねらいとして、全学級が行いました。学年で設定した時間で、学年に応じた課題を用意して取り組みました。どの教室も静かに視写用の原稿用紙に向かっていて、書いている時の姿勢もとてもよかったです。
 3連休明け、本日(9月17日)は朝から全体練習を行いました。入場行進、選手宣誓、運動会の歌、準備運動(鴻巣はつらつ体操)、閉会式の流れを行いました。体調不良のため、練習の途中から抜ける児童が多くいたため、「花の鴻巣音頭」の練習をやめて、早めに全体練習を終わりにしました。ここ数日気温の変化が激しく、連休明けで睡眠不足や朝食をしっかり食べないで登校している児童がいつもより多かったようです。運動会当日、練習の成果を発揮できるよう残り少ない練習にも万全の体調で参加できるよう、「早寝早起き朝ごはん」を心掛けたいですね。
9月15日白雲荘で行われた馬室地区「敬老感謝の集い」に、ささら獅子舞クラブの子どもたちが参加しました。棒術を披露し、獅子舞での竹笛演奏で、10人が練習の成果を発揮しました。残念ながら、獅子は中学生にやってもらいましたが、11月のふれあいフェスタでは3人の獅子役を、本校児童がやってくれると思います。 9月16日本校体育館での松原地区「長寿を祝う会」では、日頃登校時の立哨指導でお世話になっている方が出演していました。鴻巣南中吹奏楽部では、本校の卒業生が活躍していました。
   10日の応援合戦の練習は、初めてだったので応援団も緊張しての練習でした。しかし、13日では赤群、白群ともとても元気いっぱいの掛け声、歌、ウェーブでした。午後最初の競技、応援合戦を楽しみにしてください。
 朝清掃を行わず、8時15分から全体練習を行いました。本来は、9日(月)に行う予定でしたが、台風対応で2時間遅れのためできませんでした。また、学年行事との関係から、12日(木)に変更しました。  開会式、児童入場から運動会の演技が始まります。校旗を先頭にして、学校の顔である6年生、そして1年生から順に入場行進を行います。当日は担任の先生の誘導はありません。自分たちで選手として自信を持った入場を見ていただきたいと考えています。ぜひ、運動会当日は入場から参観をお願いします。                                                プログラム最後の種目、大玉送りの練習も行いました。大玉の都合で、白群、赤群の順に練習をしました。同時には行いませんでしたが、時間を測ってみたところ、赤群のほうが速かったようです。ただし、練習と本番は違うはずです。応援合戦でしっかりと群の結束を固めることができれば、白群ももっと速くなるでしょう。
 雨天時対応のため、プログラムを変更しましたが、無事21日に運動会を行うことができました。  前日準備から片づけまで、PTA執行部、役員、保護者の皆様にはご協力いただきました。ありがとうございました。松原小の子たちは、練習の成果を出し切ろうという思いで頑張っていました。その思いが通じたのか、雨雲も来なかったようです。  9月23日(月)秋分の日    24日(火)運動会振替休業日    25日(水)さわやかタイム 6年生陸上大会練習 放課後こども教室    26日(木)朝清掃    27日(金)さわやかタイム クラブ活動 6年生陸上大会練習  6年生はすぐに陸上大会が待っています。ケガに気をつけながら、学校の顔として大会に望むことを期待しています。     
6年生は、10月7日(月)の陸上競技大会に向けて、放課後練習が始まっています。今年度馬室小学校は校庭の芝生化工事のため陸上競技大会の練習が十分に行うことができません。火曜日に、松原小と合同練習を行い、記録測定を中心に行います。 馬室小から先生方も多く来ていただき、記録測定がとても行いやすくなります。お互いに記録を高めて、大会での好記録、入賞を目指していきましょう。
  9月10日(火)、田んぼの稲穂を守るために5年生が案山子を作りました。学校応援団の方々に、案山子の作り方を教えてもらいました。子どもたちは、藁を束ね、組み立てた木の土台に家から持ってきた服を着せ、新聞紙を丸めて頭を作るなど、案山子を作り上げていきました。思い思いの素敵な案山子ができあがりました。班で作った案山子は、田んぼに立ててあります。来校の際はぜひご覧ください。  
業前の時間を使って、初めて赤群白群それぞれ場所を変えて、初めての応援合戦全体練習を行いました。 また、応援団も緊張気味だったようです。体育館での赤群、校庭での白群とも、まだまだ練習が必要のようです。各クラスそして群全体での元気いっぱいの練習を積み重ねて、運動会当日、保護者や地域の皆様に優勝目指して一致団結した思いを伝えたいと思います。
                      9月9日(月)、予定では1校時目は全体練習を行うことになっていました。登校時刻を遅らせたため、10時15分から音楽朝会を行い、「運動会の歌」の練習をしました。3校時目は低学年、4校時目は高学年、5校時目は中学年が、表現運動の練習を行いました。 台風一過のむし暑い中でしたが、9月21日に向けてがんばっています。
9月4日さわやかタイムでは、準備運動の鴻巣はつらつ体操を行いました。1学期にもさわやかタイムや体育の授業で行ってきていますので、1年生も思い出しながらがんばっていました。 最後に、入場行進について体育主任からの話を聞き、足踏み練習を行いました。6日(金)さわやかタイムでは運動会当日のように、入場行進の練習を行います。
9月4日から給食の時間に、「英語でしゃべランチ」の放送が始まりました。 英語専科の中村先生、ALTのラモン先生、放送委員が協力して、毎週水曜日にひとこと英語を紹介していきます。 第1回目は、「おいしい!」という表現を勉強しました。1年生の教室でも大きな声で言うことができました。お家の人にも教えてあげてましょう。
9月3日第2回目の学校応援団会議が行われました。1学期の活動の反省や2,3学期の行事・活動予定について話し合いました。和やかな雰囲気の中、多くのご意見をいただきました。 松原小では、お米作りやサツマイモの苗植え・収穫、梨づくり、ささら獅子舞クラブなどで学校応援団の方のご協力をいただき、豊かな体験学習を行っています。教育活動の充実に向けて、会議での内容を活かしていきます。
今年度二回目の避難訓練を行いました。訓練訓練の流れは、まず地震に対応する行動訓練を行い、次に地震がおさまった後の避難の仕方の訓練を行いました。 避難場所と並び方は、実際の災害に対応できるようにするため、常に同じ場所、同じ並び方で訓練しています。担任は、児童全員を呼名して避難完了確認をしました。  最後に、教頭先生から関東大震災の話から避難訓練のめあてを振り返りました。今回の避難訓練のめあては、「静かに避難」でした。子供たちは、訓練の初めから終わって教室に戻るまで、大変静かに行動できました。第一回に比べてとても上手になりました。  
これまで毎週水曜日に行ってきた芝刈り作業を、陸上大会の放課後練習の都合により月曜日に行うことになりました。 8月後半から特に芝生の伸びがはげしく、芝刈り機の調子もあまりよくないため、十分な刈り込みができません。手作業の部分が多いのですが、ていねいに作業を行っていただいています。 9月21日の運動会に向けて、松原小の児童のために「松原小グリーンパートナーズ」の皆様も一生懸命作業していただいています。
4月に続いて、教職員のアレルギー対応研修を9月2日に行いました。北里メディカルセンターから桜井先生に来ていいただき、講話とシミュレーションを行いました。 体を守るはずの免疫反応が過敏に反応してしまい、害を与えない物にもかかわらず異物と判断しじんましんやかゆみ、せきなどを起こすことを、アレルギーといいます。 時には、命に関わるショック症状を起こすこともあります。食物アレルギーについて改めて理解し、シミュレーション研修を通して、緊急時に的確な対応をとることができるようにしていきます。
9月2日(月)9時30分からコンピュータ室で、役員会が行われました。 今回は、主に運動会の前日準備と当日のお手伝い等の確認を行いました。 資源回収部、環境厚生部、校外生活部、執行部の皆さんには、児童が元気よく伸び伸びと校庭での演技や競技ができるよう、お手伝いしていただきます。ありがとうございます。
 8月31日(土)8時から親子環境整備作業を行いました。天候が心配されていましたが、曇り空という好条件の下作業をすることができました。地域の方も参加していただき、児童・保護者・教職員合計約400人で2時間弱、校地内をきれいにすることができました。一部取りきれなかった場所がありましたが、残りは教職員や環境美化員さんできれいにしていきます。多くの方のご協力で、気持ちよく運動会の練習を始めることができました。ありがとうございました。      
08/30
令和元年度の松原小
8月30日は4~6年生、9月2日は1~3年生が発育測定を行いました。身長、体重の測定結果は、「健康の記録」に記入してお伝えします。        
8月29日(木)、元気な子供たちの声が学校に戻ってきました。2学期は、運動会をはじめ大きな学校行事、6年生の陸上競技大会や修学旅行など各学年行事が多くあります。81日間の2学期も1学期以上に充実できるよう、教職員一同努力してまいります。ご支援、ご協力をお願いいたします。 校長挨拶を更新しましたので、ぜひご覧ください。
楽しい思い出をたくさんつくって、青木旅館を出発しました。大沼一周散策、しおりの日記のページ記入、昼食と予定通り3日目も元気に過ごしました。閉校式で、青木旅館の方にお礼の言葉を伝えて、出発しました。
07/29
令和元年度の松原小
一周4キロメートルの大沼をゆっくり歩いて来ました。昨日の疲れを感じさせず、ぬかるみのところも一本橋のところも、一歩一歩しっかり、歩いていました。青木旅館で、最後の食事いただいて、閉校式となります。
覚満淵からビジターセンターを経て、大沼に沿って青木旅館に向かいました。途中、ミズナラの道では、樹齢400年の木を見ながら、歩ききりました。15時到着予定でしたが、14時15分に到着。アイスを食べて、ひと休み。そして、昨夜できなかった手持ち花火を楽しむことができました。その後は、予定通りに入浴とお土産の買い物をして、夕食となりました。
青木旅館から物見山を経由して、1674mの地蔵岳山頂目指して歩きました。計画では、10時30分山頂到着でしたが、元気いっぱいの57人の5年生は、30分近く早く着きました。クラス集合写真を撮った後、小沼に向かいました。下り道でも、しっかりガイドさんの注意を聞いて、余裕を持って小沼に到着。青木旅館さんに届けていただいたおにぎりを食べて、覚満淵目指して歩きました。
07/28
令和元年度の松原小
台風から変わった低気圧による大雨は、朝すっかりやんでいました。朝の会、朝食の後、登山に出発しました。山岳ガイドの方にお世話になりながら、地蔵岳目指して歩きました。
ほぼ予定時刻通りに、青木旅館に着きました。開校式を大広間(男子部屋)で、行いました。その後、お風呂、夕食、キャンプファイアも予定通りに進んでいました。が、キャンプファイアの途中から、雨が降ってきたため、ダンスやゲームの一部をカットしました。打ち上げ花火を見たあと、大部屋で最後のセレモニーを行って、キャンプファイアを終わりにしました。
台風の進路が心配されている中、元気に全員そろって学校を出発しました。伊香保グリーン牧場でのカレーライスづくりでは、どの行動班もチームワーク抜群で、とても美味しいカレーライスが出来上がりました‼️
 いよいよ明日から5年生が林間学校に行ってきます。台風6号の進路、影響が少し心配ですが、台風を吹き飛ばすほど、準備登校の5年生は元気いっぱいでした。 はじめに、各教室で担任の先生からしおりを使っての最終確認を行いました。次に、パソコンルームで最後の練習、これまでやってきていなかったラジオ体操を練習しました。係の打ち合わせ、保健関係の諸注意を行い、11時過ぎに下校しました。 昨年の林間学校も台風の影響を受けましたが、予定を変更しながら楽しい3日間を過ごすことができました。今年の5年生も「チームワークでチャレンジし、友情のきずなを深め、思い出に残る林間学校にしよう!」のテーマの下、自然に親しみ、友だちと協力しながら、楽しい思い出をたくさん作ってきたいと思います。 できる限り赤城から、5年生の様子をホームページでお伝えしたいと考えております。ぜひ、ご覧下さい。
22日(月)から計画されていた夏休みの水泳指導は、天候不良のため、23日(火)も中止となりました。25日(木)間もなく梅雨明けと思われる久しぶりの太陽の光の下で、楽しく水泳指導が始まりました。どの学年もほぼ半分くらいの児童が参加していました。26日(金)は5年生が林間学校の準備登校のため参加できませんでした。来週30日からの4日間で水泳指導は終了です。多くの子どもたちの参加を待っています。
 22日は、主任児童委員、民生委員のみなさんと、情報交換を行いました。また、鴻巣市立教育支援センターから指導者を招いてのは研修も行いました。 23、25日は、学校課題研究に関する研修を行いました。令和元、2年度に国語科の研究を、鴻巣市教育員会から委嘱を受けています。25日は本校の本校の元教頭、吉井一生先生から講話をいただき、研究主題『「読みたい」「書きたい」「話したい」主体的に学ぶ松原の子の育成』のために、国語の授業や学級での実践例を紹介していただきました。2、3学期の研究実践に大変参考になりました。 24日は教育課程研究協議会に13名の職員が参加し、来年度から全面実施となる新教育課程について、研修してきました。8月下旬の校内研修で研修内容の報告を行います。 夏季休業中でも、校内研修だけでなく体育、図画工作、音楽などの実技研修会、英語指導力向上研修会などに参加し、授業力向上に向けて取り組んでいます。
07/17
令和元年度の松原小
 7月16日(火)4校時に、校地内にある梨の木の摘果を行いました。初めに学校応援団の中野様の説明を聞き、小さな梨の摘み取りを行いました。「小さくてかわいい」、「持ち帰ってもいいのかな」などの声も聞こえ、とても楽しく摘果することができました。大きく美味しい梨を収穫するための大切な作業です。約1カ月後には、直径10センチほどのおいしい実となることでしょう。夏休みとなりますので、4年生には時々梨の実の様子を見に来てほしいですね。
  第445回原馬室祈祷獅子舞が、今年も松原小学校で行われました。この日は、朝から馬室地区を順に回って、本校は15番目です。今年度はささら獅子舞クラブの子たちは、参加しませず、松原小の卒業生が笛や獅子となって、奉納していただきました。 朝からあいにくの雨でしたが、松原小での舞いの時には雨が止み、地域の方も多く来ていただきました。
07/11
令和元年度の松原小
 7月10日に2~5年生と松の実学級、11日に1年生と6年生が、着衣水泳を行いました。服を着たままでは泳ぎにくい、服がとても重くなる、どうすれば浮いたままでいられるかなどを体験することができました。夏休みに川や海などで楽しく遊ぶことがあると思いますが、水着と着衣では全く違うことを知ることができました。毎年水に関する事故が報道されます。万が一、おぼれている人がいた時に助ける方法は、できるだけ多くのおとなを呼ぶことです。決して子どもだけ川遊びなどしないようにしましょう。  
 1学期も残り2週間となりました。7月5日(金)は1学期最後のさわやかタイムで、学年別の運動です。6年生が読み聞かせのため、5年生が全体の中心となって準備運動を行いました。6年生がいない時は自分たちが最高学年であるという自覚が見られました。 鴻巣おはなし会の方による読み聞かせでは、6年生も話に引き込まれていました。場面や登場人物への想像力を働かせることは、高学年だからこそ大切な活動です。夏休みは、ぜひお家の方が、読み聞かせに挑戦してみてください。
  5・6年生と保護者約70名が参加して、今年度第1回目のすこやか委員会が行われました。NTTドコモから安全教室インストラクターに来ていただき、「スマホ・ケータイ安全教室」を行いました。便利であるけれども、使い方を間違えると危険な目に合うことになります。正しい使い方については、ぜひ各ご家庭で話し合ってください。
7月2日の給食で、6年生と学校応援団の皆さんで収穫したじゃがいもが、みそ汁の具として提供されました。 6年生にとって、自分たちで収穫したじゃがいもを残すはずはありません。食缶を見事空にしました。もちろん、ご飯もきれいに食べ、アジのスタミナ焼き、いんげんともやしのごま炒めもきれいに完食です。 自分たちが収穫した物を食べることに喜びを感じ、さらに調理していただいた方への感謝の気持ちを表すには、きれいに完食することです。6年生は毎日完食を目指しています。
07/03
令和元年度の松原小
7月の全校朝会、校長先生からの話は三つありました。 一つ目は、6月の生活目標「きまりを守って行動しよう」の振り返りをしました。低学年の子たちはしっかりできたと答えている子が多かったのですが、高学年の子たちは自分自身に厳しく評価していました。きまり、約束、ルールを守ることは、集団生活の基本です。これからも、きまりも守って行動しましょう 二つ目は、「おたがいさま」について話をしました。7月の生活目標「進んではたらこう」では、主に係や当番活動について意識してほしいと考えています。係や当番、委員会活動は、みんなで仕事を分担し、助け合いながら、協力して取り組むことで楽しい学校生活を送ることができます。分担、助け合い、協力する時に、「おたがいさま」の気持ちをもち、感謝の気持ちを伝えあうことで、よりよい学校生活に送ることができます。 3つ目は、「だめ」という言葉です。「だめ」という言葉は、体の調子がよくない時、やっても無駄な時、やりたくてもできない時、そして、やってはいけない時に使います。学校生活でやってはいけないこととは、(1)けったりたたいたりして体を傷つけること (2)言葉や態度で心を傷...
6月28日(金)3校時に6年生がじゃがいもの収穫を行いました。子どもたちは、土を深く掘り、じゃがいもをたくさん収穫しようと一生懸命頑張っていました。子どもたちから「じゃがいもがたくさんとれた」と驚きの声が上がっていました。6年生にとってこれが最後の収穫になります。収穫をする時の子どもたちの期待にあふれた笑顔は、畑の活動に関わってくださった方々の支えがあったからだと思っております。学校応援団の皆様、本当にありがとうございました。  
 6月26日(水)松の実学級を除き、全学級が授業参観・懇談会を行いました。国語や算数、英語の授業を見ていただきました。多くの保護者にきていただき、子どもたちも張り切って授業を行っていました。 懇談会では、1学期のまとめと夏休みに向けての話を中心に、グングン松原週間の取組についての話をしました。学力向上のためには家庭学習の取組も大切です。来週は特に家庭学習に一生懸命取り組みましょう。
06/28
令和元年度の松原小
 全校児童で演奏する楽しさをことをねらいとして、各学期1回音楽朝会を行います。  1学期は、ドレミファ隊(音楽クラブの5・6年有志)が前に出て、6月のうたやリズム遊び、歌が上手になる体操などを行いました。体で音階を表現しながら「ドレミのうた」を歌うところは、難しいところでしたが、1年生から6年生までみんなで楽しむことができました。
 1学期の金曜日さわやかタイムは残り3回となりました。金曜日は、学年別運動を行います。松の実学級はボールを使った運動、1年生は鉄棒・のぼり棒・うんていを使った運動、2年生はしっぽ取り、3年生は立ち幅跳び、4年生はボール投げ、5年生は8秒間走、6年生はミニ綱引きを行います。 新体力テストの結果をまとめているところです。2学期の運動会後は、学年ごとに体力向上の課題にあわせた運動を計画します。
 とても良いお天気となりました。やや水温が低めでしたが、楽しく今年初めてのプールでの学習がありました。 今年1番最小にプールに入ったのは、1年生。大きくて、少し深いプールで楽しく学習しました。 4時間目に3年生、5時間目に4年生、6時間目は6年生が、プールに入りました。プールでの学習の約束や今現在の泳力を確認して、今年初めてのプールでの学習を終えました。
 久しぶりに晴れた木曜日、1年生みんなで学校の周りを歩きました。 どんな植物や生き物、標識、建物などがあるか、よく見て探しました。最初は、さつまいも畑で、苗の生長の様子を観察。次に田んぼの中にいるオタマジャクシやホウネンエビに大興奮。 交通ルールや歩くマナーも学習してきました。
06/13
令和元年度の松原小
6月12日(水)、心配していた雨も上がり、2年生53名が班に分かれて、生活科の学習として町探検に出かけました。3名から6名の班となって、2か所を訪ねました。訪問先では、いろいろなことを教えていただき、とても勉強になりました。保護者ボランティアの方のご協力で、安全に言ってくることができました。
 6月11日、国会議事堂、科学技術館、江戸東京博物館に行ってきました。 国会についてはまだ社会科で学習していませんが、とても興味を持って見学していました。赤いふかふかのじゅうたんに、感激していました。 科学技術館では、班で協力して楽しく体験することができました。科学技術館では、社会科で学習した土器や土偶などを見ることができ、昔の人々の暮らしの大変さも学びました。
 水泳学習の時期となりました。1年生にとって初めて松原小のプールを見て、歓声があがっていました。大きなプールでの学習が楽しみです。 水泳学習のねらいは、速く泳いだり長く泳いだりして体力を高めること、プールだけでなく川や海で遊んでいておぼれないための泳力をつけることです。1学期と夏休みで約20回しかプールで学習することができません。プールの時間は、体育の時間と違っています。必ず、水泳学習のある日は、水着などの用意とプールカードへの記入(押印)を忘れないでください。 プールでの学習は、命に係わることもあります。体育主任から「かぶとむし」という言葉を使って、注意することのお話がありました。楽しく、安全に、水泳の学習に取り組んでいきます。 プール開きでは、お清めとテープカット、運動委員による『バディ』のお手本を行いました。
 1年生から6年生までの縦割り班で、楽しく給食を食べました。6年な生が1年生を、5年生が2年生を迎えに行って、12班に分かれました。6年生が配膳したり、お代りを入れてくれたりして、どの教室の食缶もほとんど空になっていました。